金属部品

タングステン、タンタル、モリブデン、ニオブなどの合金

高融点金属とは、融点の高い金属のことです。一般的にはタングステン、タンタル、モリブデン、ニオブなどの合金のことを指します。これらの合金は融点が約2000℃から3000℃のものです。融点とは、固体が融解し液体になることの温度を指します。

つまり高融点金属は融点が高いため高温状態でも融解しにくい金属のため、高温状態にさらされる環境下でも形状を保つことができるため、高温の環境下で有効的に使用され、力を発揮しています。

最も融点の高い金属

高融点金属の融点は区切りとして、プラチナの融点1772℃より高いものとされています。

その中で最も融点の高いタングステンは融点が約3300℃となります。金属としてのタングステンの特徴は当然融点が高いということや、金属の中で比較的高い電気抵抗を持っているため、電球のフィラメントに使用されています。また硬度が非常に高いため切削用工具にも用いられています。また、比重が大きく高い硬度をもっているため砲弾などにも使用されています。

それぞれの性質を生かした活用法

モリブデンと呼ばれる金属はその特徴として、融点が高く熱膨張率が低く、熱伝導性が高いという特徴を生かし、さまざまな用途で使用されています。その使用用途としては、半導体などの基盤や太陽光パネルのコーティング材などに使用されています。このように高融点金属とは、現代社会においてなくてはならない金属となっています。

通常の金属と呼ばれているものの中で、その特徴を生かし、さまざまな分野、産業で取り扱われ、社会に浸透しています。

タングステンフィラメントはクラフト

タングステン・モリブデン・タンタル材を中心に、レアメタル材料を販売しております。ご希望の形状に加工することも可能です。